2010年11月21日

ドイツ人も認めました。

吉祥寺のサンロードに『Linde』というドイツパン専門店があります。

ドイツパンというのは珍しいのか、2階のカフェで休んでいるとドイツ人?が4人程訪ねてきていました。

パリで洋食が食べられなくなったら、SUSHIやUDONの店がオペラ座界隈にあったので訪ねました。

きっと故郷の味を求めるという同じ気持ちなのでしょう。


さて、パンの歴史は古く5000年前にエジプトにあったことが壁画などからも確認されています。

パンはあらゆる食物の中でも特に大切なものとされ、神から直接与えられたものとされていました。

エジプトのパンは、主に大麦と小麦で作られました。

4000年前に作られたパンは、ロンドンの大英博物館で見ることができます。

エジプト人は、ナイル川沿いは肥沃な土地でしたから、大量の大麦と小麦を作り、輸出をしました。

当時、ギリシャに輸出された麦は、ギリシャ人によって更に良いパンになり、パンを作る専門家と呼ばれました。

ご存じのように、やがてギリシャはローマ帝国によって征服されましす。

ローマ人は、ギリシャのパンを大変好み、自分達でも作るようになりました。
 
紀元前3000年頃にエジプトには”ファイヤーフック”と呼ばれるパン職人がいました。

その印は、矢のように鋭く書かれた形で、その矢みたいなものでオーブンの中のパンを引き出していたそうです。
 
紀元前2000年頃のメソポタミヤでは、パン職人は神様からの贈り物と言われていました。

イエスが生まれにたベツレヘムの意味は、パンの家であり、既に59種類のパンが開発されていました。
 
紀元前100年、ローマ市だけで258のパン屋があったそうです。

ローマは多くの国々を征服しましたが、それらの国々のパンはよくなかったので、パンを本国から送らせました。

西暦300年のローマでは、254種類のパンが開発され、政府がすべてを管理して、15万人のローマ市民の食欲を満たしていました。
 
ドイツパンの歴史は西暦600年頃から始まりました。

当時のゲルマニア、つまりドイツのパンも、まだ全然おいしいものではありませんでした。

やがてキリスト教が広まり、修道院ではおいしいパンが作られるようになりました。

ライ麦の使用も始まって、ドイツのパンは国民の主食になりました。

18世紀頃からドイツでは、粉を混ぜ、こねる機械が使われ始めました。

しかし当時のパンはまだ固いパンでした。

柔らかい、ふっくらしたパンは、150年前から作られるようになりました。 

今日ドイツでは主要なパンの種類は200以上あり、それ以外の小型のパンは1200種類を数えています。

ドイツのパンは、おいしいだけでなく、健康によいことで定評があります。
 
(LindeのHP等からお借りしました。)

『Linde』ではドイツのパンの作り方でつくった、本格的なドイツパンを作っています。

11201.jpg 
吉祥寺サンロード 『Linde』(店頭:Linde HPよりお借りしました)

11202.jpg
『Linde』(2階:Linde HPよりお借りしました)
 
売っているものはドイツ語の名前が付いています。

アイスティーとケーゼクーヘン(チーズケーキ)を頂きました。

お腹があまりにも減っていたので、写真をと思ったときにはお皿の上にはありませんでした。

ドイツを案内する本があったので、お借りして読みました。

51JGQ8F2KRL[1].jpg

『ドイツ=鉄道旅物語』(野田隆文 野田英一絵 東京書籍)

ドイツのインターシティは、200km/h以上でドイツの都市間を結ぶ日本のL特急のもとになった列車特急です。

動力車が先頭だけなので、高速で移動しているのに列車内は大変静かだそうです。

また、電軌機関車をディーゼルカーに取り替えるだけで、非電化区間にもローカル線にも乗り入れることができるそうです。

まさしくドイツ全土を網羅する特急列車です。

先日小田急線が事故のために全線がしばらく止まってしまったことがありました。

HさんはS先生と学ぶためにバスを乗り継いで銀座まで四苦八苦してやって来ました。

ドイツでは運行ができない区間があるなら、それ以外の運行可能な区間で臨時列車をすぐに出すそうです。

臨機応変の対応ができるドイツ国鉄(DB)の柔軟性を日本の鉄道各社も見習うことができると良いと思いました。

鉄道好きや旅行好きには楽しめる本だと思います。

今日も、お読み下さりありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

よろしければ、ポチッとクリック応援よろしくお願いします。

人気ブログランキング(健康・美容・鍼灸・整骨・整体などの情報がたくさんあります。)

にほんブログ村(カイロプラクティックの情報が多くあります。)

blogramランキング(4288のブログ解析と4288と同様のテーマ・情報が多いです)
 4288腰痛バイバイ


posted by 4288 at 19:58| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | chairo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4288さん はじめまして。。。

拙ブログに 嬉しいコメントを有り難うございました!
治療のお仕事をなさっているのですね。
興味深い分野です。

こちらで、いろいろな情報が頂ければ嬉しいです。

よろしくお願いします〜(^◇^)
Posted by マリア at 2010年11月22日 14:07
Lindeはよさそうなお店ですね。吉祥寺はたまに歩いて行くことがあります。今度行ったらのぞいてみようと思います。
Posted by kei at 2010年11月22日 17:17

4288さん こんばんは

ドイツのパン屋さん とってもかわいらしいですね
パン作りのことはよくわからないのですが
ビール酵母を使ったドイツのパンを、以前、見た憶えがあります
Posted by pippiano at 2010年11月22日 23:14
おはようございます 4288さん

甘いスィーツも大好きですが
パンも大好きです。

パン屋さんの前から漂ってくる
あの胃袋を刺激する香り。
お店に入る前から期待感でワクワクして
しまいます(^u^)

Posted by 盛幸タクシー at 2010年11月23日 08:53
マリア様
コメントありがとうございます。
施術に関して少しでも知って頂けたら幸いです。
またよろしくお願い致します。

kei様
コメントありがとうございます。
吉祥寺は歩いて行かれるなら一緒ですね。
散歩がてらよってみて下さい。
近所のミスドよりは空いていると思いなす。
大人の雰囲気ですよ。

pippiano様
コメントありがとうございます。
いつも楽しく読ませて頂いています。
パン文化は深く日本へ浸透しているようです。
ビール酵母を使ったパンとは美味しそうですね。
ビールの味がするのでしょうか。

盛幸タクシー様
コメントありがとうございます。
毎日楽しく読ませて頂いています。
パン屋の香りはお腹が減ってきますよね。
焼きたてパンを、お互い食べ過ぎないように気を付けましょう。
Posted by 4288 at 2010年11月24日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。